GKの進学塾

GKの進学塾 TOP  >  ブログ  >  小6生の保護者必見!4月までにやっておくべき英語(●^o^●)

ブログ

最新記事

2019/12/10

山田 陽介

小6生の保護者必見!4月までにやっておくべき英語(●^o^●)

今日は12月10日。

2018年も残り20日となりました。

ちょっとずつクリスマスのイルミネーションも見られ、

それが過ぎるとあっという間にお正月モード。

正月が明ければ、受験シーズンに、卒業式。そして春。

 

毎年、寒くなり始めると小6生(新中1)の問い合わせが多くなります。

「新中1の授業はいつからですか?」

「まだ新中1は入れますか?」

GKは定員制を敷いており、

特に集団授業の本科コースは、1クラス制です。

つまり、いっぱいになったら受付終了となります。

現在もすでに御兄弟生の受付が始まっており、ご希望の方はお早めにお願い致します。

 

 

話を戻して、英語です。

現在小学校でも英語は学ばれていますが、実情は会話程度です。

もちろん、ほぼ書けません。

学校以外で勉強していなくて、

アルファベットを大文字小文字、全てかける生徒はまずいません。

 

そんな中、中学生になると、一気に書く英語が始まります。

6月にある前期中間テストでは、

アルファベットの大文字小文字はもちろん、

ローマ字

be動詞の文章の肯定文、否定文、疑問文

数字

早い学校は一般動詞や疑問視の文章も出てきます。

これらを2カ月で完ぺきに出来る様にするには、多大な努力を要します。

また、数学などと違い、公式を覚えたら全部解ける!とはいきません。

一つの単語は、一つの単語でしかないです。

時間をかけて積み重ねなければ、出来る様にはなりません。

急いで覚えても、3日後には忘れるのが当たり前です。

それを何度も復習し、出来る様にしていくのが語学である英語です。

 

英語は中学から頑張ればいいかな。

英会話を習っているから大丈夫!

小学生からやらせなくても。嫌いになったら困るし。

 

よく上記の声は聞かれます。

ただ、上のような考えでいた子の多くが

「早くやっておけばよかった」

と中1になってから言うのを聞いてきました。

 

 

準備には、遅すぎるは有っても、早すぎるはありません。

まだ何も対策していない方。

お早目の準備を、心から勧めます。

入塾までの流れ

指導力に自信があるから「1カ月全額返金保証」を導入しております。まずはお気軽にお問い合わせの上、GKの進学塾をご体感ください。

お問い合わせフォームへ