GKの進学塾

GKの進学塾 TOP  >  ブログ  >  中1数学 正負の数の計算は大丈夫?#

ブログ

最新記事

2022/04/26

宮本 晋佑

中1数学 正負の数の計算は大丈夫?#

宮本 晋佑

宮本 晋佑

プロフィール詳細を見る
  • 学 歴

    各務原高校・岐阜聖徳学園大学

  • 部活動

    野球(中学)

4月も終わりが近づいて来ましたが、

中学1年生のみなさんは、生活に慣れてきましたか?

学校の勉強はしっかり理解出来ていますか?

 

数学は正負の数の加法減法をやっているころではないでしょうか。

中学に入って初めての計算問題ですが、

学校以外でも、計算やっていますか?

 

 

中学に入って、小学校と大きく違うのは、

宿題が出ないことです。

 

宿題がない!となると、

子どもたちは基本的に家で何もやらないことが多いです。

 

中学に入ったら、自分でやることを見つけて勉強することが大切です。

特に、計算問題は、やった量だけできるようになります。

 

 

ここでの「できるようになる」というのは、

スピードと正確さが高くなるということになります。

 

 

例えば、

2+3=

という計算を、瞬時に計算できない人はほとんどいないと思います。

(-8)+(+5)=

という計算もできるとは思いますが、

符号が違うから、まずは絶対値をみて、マイナスをつけて引き算して、、、、

などを考えて計算するかと思います。

 

考えなくても、頭でパッと-3!!!

と計算できるようにするには、何度も繰り返し練習するしかありません。

 

 

「楽に早くやってしまおう」と考えることが大事です。

基本的に計算はやりたくない処理なので、

楽に早くやったほうが良いに決まっています。

 

その意識で、大量の計算を解いていくと、

自然にスピードも上がりますし、正確にもなってきます。

もちろん、答え合わせと間違い見つけが必要です。

(前回のブログを参照してください!)

 

 

ここの計算は、数学の基礎です。

基礎は繰り返しやることで定着し、

土台となります。

 

毎日の自主学習で、毎回50問の計算練習をする!

と決めてやれば、1ヶ月後にはすごく力になっていると思いますよ。

(1問12秒で解けば、10分で終わりますよ!)

宮本 晋佑

宮本 晋佑

プロフィール詳細を見る
  • 学 歴

    各務原高校・岐阜聖徳学園大学

  • 部活動

    野球(中学)

入塾までの流れ

指導力に自信があるから「1カ月全額返金保証」を導入しております。まずはお気軽にお問い合わせの上、GKの進学塾をご体感ください。

お問い合わせフォームへ