GKの進学塾

GKの進学塾 TOP  >  ブログ  >  国公立大or私立大or浪人

ブログ

最新記事

2018/10/17

吉田 慎吾

国公立大or私立大or浪人

こんにちは!

高富校の理系担当、吉田慎吾です!

本日は高校生の進路について書きたいと思います。

大きく分けると、国公立大、私立大、そして浪人という選択肢になると思います。

 

今日は特に浪人についてお話します。

岐阜高校など、トップレベルの生徒ともなれば自分の受験結果に納得できず、浪人という選択をする生徒が少なくありません。

 

東京大学や京都大学のようなトップクラスの大学には、浪人して合格している生徒が多くいるというのはなんとなくわかることと思います。

実際に、私が通っていた名古屋大学では10人に1人は浪人生だったように思います。

 

こうして見ると、意外と浪人生っているんだ!となりますが、安易な浪人は大変危険です!!

特に私立は高いという理由での浪人です。

 

まず、浪人しても国公立大に受からないというリスクがあります。

 

そして、意外と気づかないのは、浪人して国公立大へ行くよりも私立大の方が安くなることが多いということです。

 

多くの方は、浪人して国公立へ行く費用と私立の費用を比べますが、浪人した場合はそれだけでなく、将来もらえるはずだった1年分の給与がなくなることを考慮しないといけません。

そう考えると実は浪人する方が割高になるのです。

 

さらなる落とし穴は、浪人しても成績は上がらない可能性の方が高いということです。

 

特に、宅浪といって、予備校に通わず、家で受験勉強をする子がいます。

お金がかからずお得に感じますが、私は宅浪をして受験に成功したという話を聞いたことがありません。

 

大学受験はこれからの人生の方針を決める第一歩です。

迷ったら相談してみてください!

私が見てきた具体的な事例を紹介しながら解説しますね(^^)

入塾までの流れ

指導力に自信があるから「1カ月全額返金保証」を導入しております。まずはお気軽にお問い合わせの上、GKの進学塾をご体感ください。

お問い合わせフォームへ