GKの進学塾

GKの進学塾 TOP  >  ブログ  >  「勉強量の基準を決めよう」

ブログ

最新記事

2019/03/19

永田 創

「勉強量の基準を決めよう」

こんにちは。

GKの進学塾・岐南校講師の永田です。

 

昨日はe-Learningテストが実施されました。

今回は新しい試みとして、全校舎をiPadでつなぐという仕組みを導入したのですが、

非常に盛り上がっていました(*^_^*)

しかし、盛り上がった後は集中してテストを受けていましたよ。

結果が楽しみですね♪

 

 

 

さてさて、今年度も終わりに近づき、小学6年生は中学校に進学するとなります。

新しいことをたくさん経験することになるのですが、

やはり気になるのがテストかと思います。

小学校では単元が終わる毎にテストを行っていたため、テストを行う回数はかなりの量でした。

ただ、中学に上がると定期テストが年に3回から4回実施されるだけになります。

これまではこまめに行われていたテストが、一気にドカンとやってくるイメージですね。

そのため、テスト範囲も膨大です。

一科目、教科書が50ページ、問題集が30ページ、といった具合の範囲となります。

 

 

「むむむ、、、。」

「ついていけるのか、、、?」

 

そう不安に思われた方もいると思いますが、大丈夫です。

取捨選択をして、どこを勉強するポイントを抑えておけば問題ありません。

私たちは、これまで百何人もの中学生を預けていただき、過去問をみて生徒の解答を見続けてきました。

その甲斐あってか、

昨年度も1年生の前期中間テストでは、

Sくん:英語93点 数学100点 国語91点 理科86点 社会96点 合計466点!!!

Aさん:英語90点 数学85点 国語87点 理科96点 社会91点 合計449点!!!

Hくん:英語91点 数学88点 国語88点 理科86点 社会93点 合計446点!!!

Tくん:英語88点 数学82点 国語89点 理科89点 社会83点 合計431点!!!

 

好成績は個人だけではありません。

例えば、稲羽中は本科の平均点が、

英語平均87.4点 理科平均86.5点 社会平均83.8点 5科目平均416.4点!!!

となっております。

 

最初のテストで大切なことは、勉強量を教えることです。

中学生にあがったばかりの子ども達は、どれだけ勉強をしなければいけないのか分かりません。

それを中学1年生の最初に教えることが、前期中間テストだけでなく、

これからの中学3年間の基準となります。

 

さあ、素晴らしいスタートを切ろうぜ!!!

入塾までの流れ

指導力に自信があるから「1カ月全額返金保証」を導入しております。まずはお気軽にお問い合わせの上、GKの進学塾をご体感ください。

お問い合わせフォームへ