GKの進学塾

GKの進学塾 TOP  >  ブログ  >  高校1年生に伝えておきたい事(●^o^●)

ブログ

最新記事

2019/04/15

山田 陽介

高校1年生に伝えておきたい事(●^o^●)

高校生活が始まって、1週間が終わりました。

新しい生活への順応の為に、疲労が溜まっている頃かもしれません。

 

でも、思い出してください。

 

冬期講習の頃、

合格するか不安で、もっと中1から頑張っておけばと思ったこと。

 

高校入試が終わった時、

合格して、心から嬉しくて喜んだこと。

高校ではトップクラスになって、充実した高校生活を送りたいと思ったこと。

 

 

そして、今。

春休みの課題や、課題テスト。そして日々の予習やGW課題などで

ちょっと勉強に対して後ろ向きになりつつあること。

 

高校1年生も、中学1年生も同じです。

最初につまづいたり、ついていけなくなったら、後から頑張るのはとても大変です。

でも、なぜか高校1年生は「自分で何とかなる」と思う生徒が多いです。

そこで現実を知ってもらいたい。

 

岐阜学区において、全校生徒が大学受験を目指すのは

岐阜、岐阜北、加納、岐山、長良、各務原西の6校しかありません。

そして、大学受験の偏差値で見ると、加納高校が52くらい。つまり全国の真ん中です。

ということは、岐山・長良・各務原西の真ん中では、大学受験で偏差値50以下になります。

 

よく聞かれる意見として

「名古屋大学・南山大学に行きたい」

➡偏差値60は必要です。岐阜の上位、岐阜北、加納のトップ層程度の力です。

「岐阜大学・中京大学・愛知大学くらいは行きたい」

➡岐山、長良、各務原西の100番以下では可能性は厳しいです。

 

これが現実です。

そろそろ各高校の合格実績が出てきます。

もっと細かな数字を含めて、また解説したいと思います。

 

大学受験の内容は、高校受験の比ではありません。

高3になったら頑張りますは通用しません。だから浪人する学生が何万人もいます。

後悔しない3年間にしましょう!

入塾までの流れ

指導力に自信があるから「1カ月全額返金保証」を導入しております。まずはお気軽にお問い合わせの上、GKの進学塾をご体感ください。

お問い合わせフォームへ