GKの進学塾

GKの進学塾 TOP  >  ブログ  >  高校生の内申の重要度

ブログ

最新記事

2021/09/28

板橋 佳佑

高校生の内申の重要度

板橋 佳佑

板橋 佳佑

プロフィール詳細を見る
  • 学 歴

    本巣松陽高校・名古屋市立大学

  • 部活動

    野球(中学・高校・大学)

緊急事態宣言の影響もあり、高校1,2年生は昨日からようやく投稿が始まりました。

小中学生も一斉登校となり、日差しぶりの日常が返ってきたのではないでしょうか。

高校生は、久しぶりの学校…という余韻に浸る間もなく、前期期末テストが始まっていきます。

昨日から、もしくは来週の月曜日から多くの高校で定期テストが始まっていきます。

 

 

中学生と高校生では、定期テストの持つ意味合いは少し変わってきます。

中学生においては定期テストは「内申の幅」を決めるものです。中学生は定期テスト以外にもノート評価や授業態度など様々な観点から内申点が付いてきます。

一方高校生は、ほぼほぼ定期テストの順位=内申だといっても過言ではありません。

そのため、ノート評価や授業態度での挽回が効かず、テスト結果が非常に重要になってくるのです。

 

 

ここで、「高校生って内申点は必要なの?」という疑問も出てきます。

中学生の時は、高校受験をする際に必ず全員が必要でしたね。

内申点:当日点の比率は各高校によって異なるものの、当日点が100%となることはありませんでした。高校受験の際には、内申点に救われた子もいれば、内申点に苦しめられた子もいるでしょう。

では、高校生はどうかというと、“全員が”必要なものかというとそうでもありません。

具体的に言うと、公募制推薦や指定校推薦など推薦入試を視野に入れて受験をしていく子は必要になります。

しかし、共通テスト→2次試験という流れで「一般試験」を受験する生徒にとっては、内申点は必要ではなく「共通テスト&2次試験の当日点のみ」が重要になります。

 

 

ちなみに、推薦=私立、一般試験=国公立&難関私立大というイメージが高校生の中には多くあります。

そのため、国公立大に絞って受験を見ていく子は内申点はそれほど気にすることはないと思っている子もいるのではないでしょうか。

しかし、実は国公立大学も多くの大学で公募制推薦を実施しています。

方式は一般に「調査書+小論文、面接」か「調査書+共通テスト結果」になり、大学・学部によって様々です。

指定校推薦ではありませんので、推薦だからと言って受かるという保証はありませんが、ワンチャンス増えるわけです。

これまでも、GKでは一般入試だけではなく推薦入試においても多くの国公立合格者を輩出してきました。

それは1年生から積み上げてきた内申点が自分に返ってきた、いわば3年間の頑張りに対する“ご褒美”です。

 

 

県岐阜商や城北など、職業科に在籍する生徒たちも、1年生からしっかりと内申を積み上げて、明治大学などの難関私立大学にも進学をしています。

 

高校受援のもつ内申とは少し意味合いは変わってきますが、やはり高校生においても内申は重要です!

定期テストの順位=内申点

をしっかり意識し、残りの期間定期テストに全力を注ぎましょう!

板橋 佳佑

板橋 佳佑

プロフィール詳細を見る
  • 学 歴

    本巣松陽高校・名古屋市立大学

  • 部活動

    野球(中学・高校・大学)

入塾までの流れ

指導力に自信があるから「1カ月全額返金保証」を導入しております。まずはお気軽にお問い合わせの上、GKの進学塾をご体感ください。

お問い合わせフォームへ