GKの進学塾

GKの進学塾 TOP  >  ブログ  >  目標☆

ブログ

最新記事

2015/10/08

板橋 佳佑

目標☆

板橋 佳佑

板橋 佳佑

プロフィール詳細を見る
  • 学 歴

    本巣松陽高校・名古屋市立大学

  • 部活動

    野球(中学・高校・大学)

いよいよ10月に突入し、センター試験まであと100日国公立高校入試まであと150日を切りました。

受験生の皆さんはここから更に勢いを上げて本番まで向かっていてほしいものです。

 

しかし、入試まであと〇〇日といわれても、なかなか実感がわかず、モチベーションがいまいち上がってこないという生徒も多いのではないでしょうか。

ましてや、模試で思うような結果が出ていなかったりすると勉強が嫌になったりしますよね。

何を目標に勉強しているのかさえ分からなくなる生徒もいるでしょう。

 

 

話は少し変わりますが、がんを克服した芸能人ということで、俳優の小西博之さんが以前TVで「目標」についてこんな話をしていました。

「自分は、『がんを治すこと』を決して目標にはしなかった。がんと闘うことは辛いことで、それを目標にしても自分が楽しくないからワクワクしない。だから自分は『がんを克服して、徹子の部屋に出演してがんを笑い話にすること』を目標にして乗り切ったのだ」と。

 

 

これは勉強も同じであると私は思いました。

勉強は、決して楽なことではありませんし、受験勉強は同じことの繰り返しで地味だと感じる人も多いでしょう。

そんな時「志望校に合格した後の自分」を想像してみるのはどうでしょうか。

人それぞれにその志望校を決めた理由があると思います。

高3であれば、自分の夢に近づくため、学びたいことがあるため、やりたいことがあるため、都会に出るためなんて人もいるでしょう。

中3であれば、ちょっと上のレベルを挑戦するため、やりたい部活があるため、友達が行く、制服がかわいいなんて理由もあるでしょう。

高校でインターハイを目指して部活を頑張っている自分、学校帰り友達と遊ぶ自分、大学で研究をしている自分、そんな自分を想像するとワクワクしますよね。

そんな「進学した自分」を想像してワクワクしながら受験を乗り切ってほしいと思います。

ちなみに私は、高校時代、志望大学のパンフレットを常に持ち歩いていました。

うまくいかないとき、集中して勉強したい時などにはいつもそのパンフレットを見ていました。

 

そんなちょっとしたことで、気持ちは大きく変わるかもしれませんよ。

泣いても笑っても、あと半年です‼‼‼‼

板橋 佳佑

板橋 佳佑

プロフィール詳細を見る
  • 学 歴

    本巣松陽高校・名古屋市立大学

  • 部活動

    野球(中学・高校・大学)

入塾までの流れ

指導力に自信があるから「1カ月全額返金保証」を導入しております。まずはお気軽にお問い合わせの上、GKの進学塾をご体感ください。

お問い合わせフォームへ