GKの進学塾

GKの進学塾 TOP  >  ブログ  >  小学生の保護者様必見!!岐阜県入試を戦うには○○が必要!

ブログ

最新記事

2019/12/06

板橋 佳佑

小学生の保護者様必見!!岐阜県入試を戦うには○○が必要!

板橋 佳佑

板橋 佳佑

プロフィール詳細を見る
  • 学 歴

    本巣松陽高校・名古屋市立大学

  • 部活動

    野球(中学・高校・大学)

岐阜県入試数学の平均点が低いことで有名です。

平均点が40点台なんてことはもはや珍しくなく、平成29年度は平均が41点と受験生泣かせの入試となりました。

もちろん平均点が低いのは問題自体が難しいからです。

その問題がこちら。

これはある年の岐阜県の入試問題を抜粋したものです。

まず感じることは…問題量の多さですよね( ;∀;)

問題文を読むだけで疲れてしまいそうになります。

加えて、岐阜県入試の数学の特徴としては毎年必ず「多角的な見方」が問われることです。多角的な見方とは、1つの問題をいろいろな視点から見る力のことで、この例でいうと(3)のような問題です。会話文の中の先生、Aさん、Bさんの解き方(これは比較的王道パターンです)だけではなく、Cさんも新たに登場し、別の見方をする。そしてそのCさんの見方に沿って式を作れないといけない、というのが受験生を悩ませる問題のひとつです。

数学は平均点が低い、ということは、数学で点数がガツンと取れると周りと大きく差をつけられるということになります。

 

しかし、このような思考力は中3の1年間だけで作れるような容易いものではありません。

やはり小学生のうちから文章問題に慣れ、1つの問題をいろいろな角度から見ていく柔軟性を鍛えた子がこのような難問も解けるようになっていきます。

 

GKの進学塾では、そんな「柔軟な思考力」を養うためのイベントが開催されます。

それが「算数オリンピック」です!!

算数といっても、問われるのは計算力ではなく柔軟な発想力。そして得られるものは、難問に逃げずに向かっていく力難問を解けたときの喜びです。

難問に一人で向き合うと心が折れてしまいますが、このイベントはチーム戦で行うので、みんなで意見を出し合いながら、時にはヒントをもらいながらみんなで楽しく問題に向き合っていきます。そしてこのイベントは塾生でなくても無料で参加可能のイベントです‼‼

算数が好きな子も、嫌いな子も‼

きっと楽しいイベントになること間違いなし!!

まずはお気軽にお問合せください(●^o^●)

 

日時:12/16(月) 17:20~18:45

場所:GKの進学塾 鵜沼校

持ち物:筆記用具、スリッパ

問合せ:058-372-2291

 

多くの小学生の参加をお待ちしております!(^^)!

板橋 佳佑

板橋 佳佑

プロフィール詳細を見る
  • 学 歴

    本巣松陽高校・名古屋市立大学

  • 部活動

    野球(中学・高校・大学)

入塾までの流れ

指導力に自信があるから「1カ月全額返金保証」を導入しております。まずはお気軽にお問い合わせの上、GKの進学塾をご体感ください。

お問い合わせフォームへ