GKの進学塾

GKの進学塾 TOP  >  ブログ  >  大学費用はトータルで考える

ブログ

最新記事

2018/09/21

板橋 佳佑

大学費用はトータルで考える

板橋 佳佑

板橋 佳佑

プロフィール詳細を見る
  • 学 歴

    本巣松陽高校・名古屋市立大学

  • 部活動

    野球(中学・高校・大学)

国公立大学を志望する生徒に、なぜ国公立大学が良いのかを尋ねると、多くの生徒が「安いから」と答えます。

 

まずもって言わせていただくと、上記の考え方は間違ってはいません。ただし、「授業料のみで見て」という視点です。

実際、国公立大学の授業料は文理共に4年間通ったとして約300万円と言われています(入学金含む)。一方、私立は大学によっても違いはありますが大きく文系は450万円、理系は600万円と言われています(共に入学金含む)。

しかし、大学に係ってくる費用はもちろんこれだけではありません。国公立でも私立でも、遠方の大学に入学するとなった際には「下宿」をすることになります。そうなると、大学生のアルバイトのみで1人暮らしをしていくのは、ほぼ不可能ですので「仕送り」が必要になります。こちらもまた、首都圏なのか地方なのかによっても異なりますが、一般的に大学生への平均仕送りは月8万円前後と言われています。つまり、4年間通うと約400万円の仕送りが必要ということです。もし仮に、一人暮らしを要する国公立大学に通うとなると、結局費用としては約700万円かかってくるわけです。

さらに、理系の大学生は3年生頃から研究室がかなり多忙になり、なかなか1,2年生の頃のように頻繁にアルバイトをすることが難しくなってきます。そうなると、1,2年生の頃は自分で何とか賄えていた分も仕送りで賄っていく必要性が出てきてしまいます。また、地方を受験するとなると、会場までの移動費・ホテルの宿泊費×帯同する人数分かかってきます。

このように、単に授業料だけではなく、トータルの費用で考えると、実は私立の方が安く済む場合も多くあります

私は国公立より私立が良い、地方の国公立はだめ、などと言うつもりは毛頭ありません。私も国公立出身ですから、同じように国公立に向かって頑張る生徒を応援したいと心から思います。

しかし、単に「安い」というイメージだけで「どこでもいいから国公立」と思っていると、トータルで考えたときに思ってもいなかった落とし穴にはまる可能性もあるということは覚えておいていただきたいと思います。GKでは、特に費用面で大学を悩まれている保護者様にも全てお見せして、納得したうえで受験していただきたいと思っています。

高校受験に比べ、大学受験は一人ではなかなか手に入らない情報も多いです。

私たちは、大学に合格することがゴールだとは思っていません。むしろ、合格してから将来の目標に向かう中での、その生徒にあった進路選択となるよう、一人ひとりと真摯に向き合っていきたいと思っております。

板橋 佳佑

板橋 佳佑

プロフィール詳細を見る
  • 学 歴

    本巣松陽高校・名古屋市立大学

  • 部活動

    野球(中学・高校・大学)

入塾までの流れ

指導力に自信があるから「1カ月全額返金保証」を導入しております。まずはお気軽にお問い合わせの上、GKの進学塾をご体感ください。

お問い合わせフォームへ