GKの進学塾

GKの進学塾 TOP  >  ブログ  >  作文力

ブログ

最新記事

2021/08/03

板橋 佳佑

作文力

板橋 佳佑

板橋 佳佑

プロフィール詳細を見る
  • 学 歴

    本巣松陽高校・名古屋市立大学

  • 部活動

    野球(中学・高校・大学)

8月に突入しました!

中学生は前期期末テストに向けての対策も始まっていきます!

2期生の学校は、前期期末テストが夏休み明け直後にあり、前期中間の結果と合わせて内申が出されますので、

この1か月の過ごし方が非常に重要です。

ずっと勉強を!というつもりはありませんから、ONとOFFの切り替えを大事にして、自分に必要な勉強時間をしっかり確保してほしいものです(*^-^*)

 

さて、徐々に夏休みも終わりに近づいていくわけですが、

夏休みの宿題といえば、読書感想文ですよね。

今年も読書感想文講座にはたくさんの小学生が参加してくれました!

7/31に参加してくれた子に関しては、現在添削中です。

今しばらくお待ちください(#^.^#)

添削においては、以下のような観点で行っています。

・文と文のつながり。前後が一致した内容になっているか。

・起承転結の内容になっているか

・接続詞が正しく使われているか

・文法的誤りはないか

 ・敬体(です、ます)と常体(である)が統一されているか

 ・句読点やカギかっこの位置が正しいか

 ・段落替えは正しく行われているか

 

ただ文章を指定量書き切ればいいというものではなく、少し先を見据えた観点で添削を行っています。

というのも、こういった「作文力」は学年が上がるごとにますます必要になっていくからです。

中学生に上がると、ほとんどの中学校の国語のテストでは学年に関係なく作文の問題が出されるようになります。

また、岐阜県の公立高校入試では、国語で必ず10点~15点ほどの作文が出題されます。

高校生に上がると、推薦入試等で小論文がある大学もあれば、小論文試験はなくとも志望理由書などを書く場面は多くの子に訪れます。

さらに、就職活動の際にはES(エントリーシート)という志望理由、企業分析、自己分析等を文章に起こしていくことが必要になります。

このように、いつまでも「作文の書き方がわからない」「文法が全然わからない」では、その子自身が今後困っていくものになるのです。

 

小学生の現段階においては、大学の小論文や就職活動レベルの文章が書ける必要はありません。

しかし、中学校を見据えた、最低限の作文レベルは身に着けていきたいものです。

 

添削が返ってきた子は、自分の作文のどんな部分が誤りで、どんな部分に気をつけてこれから作文を書いていかないといけないのかな、という点をまた見直しつつ、清書に臨んでもらえたらと思います(●^o^●)

板橋 佳佑

板橋 佳佑

プロフィール詳細を見る
  • 学 歴

    本巣松陽高校・名古屋市立大学

  • 部活動

    野球(中学・高校・大学)

入塾までの流れ

指導力に自信があるから「1カ月全額返金保証」を導入しております。まずはお気軽にお問い合わせの上、GKの進学塾をご体感ください。

お問い合わせフォームへ