GKの進学塾

GKの進学塾 TOP  >  ブログ  >  受験校決定 私立を選ぶ際に気を付けてほしいこと

ブログ

最新記事

2018/10/01

板橋 佳佑

受験校決定 私立を選ぶ際に気を付けてほしいこと

板橋 佳佑

板橋 佳佑

プロフィール詳細を見る
  • 学 歴

    本巣松陽高校・名古屋市立大学

  • 部活動

    野球(中学・高校・大学)

中学生はただいま学校で3者面談を迎えている時期かと思います。

中1は、初めての内申が出てきます。

塾でも早くに面談を終えた生徒が「合計40超えてた~」などと嬉しい声も上がっていました♪

大変うれしいことではありますが、ここで油断してはいけません。

中学生が公立入試で使う内申は、各学年の学年末に使う「学年評定」になるからです。

また後期もきっちり頑張って、学年内申に繋げましょうね(●^o^●)

 

さて、この時期の面談では中3のほとんどが私立高校についての話を学校の先生とすることと思います。

そんな際に気を付けてほしいのが、私立の学科選びです。

例えば、県岐阜商を受験しようと考えている子。県岐阜商は商業科ですから、私立も富田高校の商業科に行った方が良いですか?という質問はよく受けます。

しかし、このような考え方は少し短絡的と言えます。

近年、商業科に行っても高卒で働くのではなく、大学に行くという高校生が増えました。

公式で発表されている数字ですと、県岐阜商の75%、つまり4人に3人は大学・短大・専門学校に進学していることになります。

もし、高卒で働きたいというのであれば富田高校の商業科でも良いですが、卒業後には上を目指したいとするのであれば同じ富田高校でも普通科の方が良いのです。

それは、3年次に選べる推薦の枠が普通科の方が多いからです。

3年後に自分がどうなっていたいのか、まだ正確に夢を描けない子がほとんどではあると思いますが、もし少しでも上に進みたいという気があるのであれば、公立高校は商業科でも私立高校は普通科をお勧めしています。

 

他にも、看護師になりたいと考えているみなさん。済美高校は、衛生看護科という看護学科を持ちます。ここは、3年次には看護実習などがあり、卒業時には准看護師の資格が取れるよう最大限のバックアップをしてくれます。では、3年次に学校からもらう推薦のうち、看護系のほとんどは衛生看護科かというと実はそうではなく、普通科の生徒の方が多いのです。准看護師は+2年上級学校で学べば正看護師の国家試験を受ける資格を得ることができます。そのため、他の普通科の生徒がいく四大・短大・専門学校とはまた少し違った上級学校に進んでいきます。つまり、通常は早くても6年(高校3年+短大・専門3年)で取得できる資格が5年(高校3年+2年)というメリットはありますが、公立の専門学校などへは普通科からの進学になっていくのです。

 

今2つの例を出しましたが、共通して言えることは「3年後(高校卒業時)にどのような進路に向かっていきたいのか」から私立も考えていくべきであるということです。

もちろん、中学校3年生の今の段階で明確な夢を持っていないという生徒がほとんどではあると思いますし、これから夢が変わっていく生徒も多いと思います。

私たちは、一人ひとりと密に話をしていく中で、その生徒の想いはどういったものなのか、その生徒が高校卒業時に後悔しないためには?を一緒になって考えていきます。

もはや高校は通過点であるとも言われる時代です。

受かって終わりではなく、その先も見据えながら、一人ひとりと丁寧に向き合って参ります。

 

今日から10月です。

中学生の入塾は残り1か月となりました。

今月末からは後期中間に向けたテスト対策も始まって参ります。

1年の山場を頑張って乗り切りたいと考えている皆さんは大歓迎です。いつでもお気軽にお問合せください。

板橋 佳佑

板橋 佳佑

プロフィール詳細を見る
  • 学 歴

    本巣松陽高校・名古屋市立大学

  • 部活動

    野球(中学・高校・大学)

入塾までの流れ

指導力に自信があるから「1カ月全額返金保証」を導入しております。まずはお気軽にお問い合わせの上、GKの進学塾をご体感ください。

お問い合わせフォームへ