GKの進学塾

GKの進学塾 TOP  >  ブログ  >  前期中間テストの勉強の仕方 その1(●^o^●)

ブログ

最新記事

2019/05/20

山田 陽介

前期中間テストの勉強の仕方 その1(●^o^●)

今年度も前期中間テストに向けての校舎OPENが始まりました。

中1生に関しては、はじめての校舎OPENですね。

 

朝9時から夜10時までのロングランとなる校舎OPENですが、

流石にまだこの時期は、部活動等もあり

朝から塾に来れる生徒は少なかったです。

 

 

では、そんな校舎OPENで何をやっているのかと共に、

前期中間テストに向けての勉強の仕方を紹介しましょう!!

 

まず、GKの進学塾では、テストまで1カ月を切ると

「定期テストカリキュラム」がスタートします。

 

 

本来なら、自分で計画表をつくり、勉強することが一番ですが、

・どこからどこまでを勉強するべきか分からない

・テスト範囲表が学校から出されるのは約2週間前

などと、なかなか難しいのが現状です。

そこで、我々が何年もかけて経験している知識を武器に、

テスト1カ月弱のカリキュラム(勉強予定表)を作成します。

 

そのカリキュラムでは、

各中学校の学校のワーク、教科書を中心に勉強を進めていきます。

そして、自分で勉強しているだけでは、

本当に覚えられているかを確かめるのは難しいですね。

そこで「確認テスト(通称:カクテ)」を行います。

カクテでは、勉強してきた問題と同じ問題を出しますので、

間違えは許されません。

同じ問題が出来ないのに、本番の問題は解けませんからね!

 

このカクテは、合格するまで何度でもやってもらいます。

 

こうして、約1カ月間の予定を組み、そのカリキュラムに沿って

子供たちは勉強していきます!

 

次回は、各自の勉強の仕方に言及していきます!

入塾までの流れ

指導力に自信があるから「1カ月全額返金保証」を導入しております。まずはお気軽にお問い合わせの上、GKの進学塾をご体感ください。

お問い合わせフォームへ