GKの進学塾

GKの進学塾 TOP  >  ブログ  >  カウントダウン

ブログ

最新記事

2019/12/01

板橋 佳佑

カウントダウン

板橋 佳佑

板橋 佳佑

プロフィール詳細を見る
  • 学 歴

    本巣松陽高校・名古屋市立大学

  • 部活動

    野球(中学・高校・大学)

今日高校3年生は、大学入試に向けた大型模試、河合塾全統マーク模試の最後の模試、センタープレテストを受けています。

また、今日で岐阜県公立高校入試まで丁度あと100日となりました。

12月に入り、高3・中3ともに受験に向けてのカウントダウンが始まりました‼

 

今日はそんな受験に向けてこの時期から生徒に伝えていることをいくつかご紹介します。

 

①効率化(選択と集中)

受験までそうたくさん日にちがあるわけではない中で、何を捨て、何に注力するかはとても重要なポイントになります。

高3生であれば出題傾向の高い問題のパターン演習、中3生であれば科目ごとの戦略です。

特に中学生は、定期テストで頻出傾向にある問題と高校入試で頻出傾向にある問題は異なります。例えば、中1理科化学分野でプラスチックの分類(PVC,PEなど)や白い粉末の判別(砂糖、グラニュー糖など)は定期テストの定番ですが、入試で見ることはほとんどありません。どのような問題は入試で問われるか、逆に定期テストには出るが入試に出ない問題はどのような問題か、それはこれまでの入試問題を踏まえて分析しカリキュラムを組んでいますのでご安心ください。

②心も情報も周りに揺さぶられない

どうしても勉強をする中で弊害となるのは、他人と比べることです。

そして大概の人はその他人を「自分よりやや学力や勉強姿勢が劣る人」になります。

「あいつよりはやっているし」「あいつより過去問の点数が高いし」などと基準をどんどん下げてしまいます。

ですがその他人は同じ大学や高校に行くライバルかというと、そうではありません。

とにかく最大のライバルは自分自身。昨日の自分より今日の自分。

大事なのは、これを言葉ではわかっていてもなかなか実行できないということです。頭ではわかっていても出来ない自分と闘うこともまた受験の戦いです。

また、この時期保護者様を含め、受験に関していろいろな情報が飛び交います。そしてその情報は聞く人聞く人バラバラなことが多く、どの情報が正しい情報なのか分からなくなることも多々あります。そんな時は是非塾にお問い合わせください。あやふやな情報に揺さぶられることなく、正しい情報を持って安心して受験に臨んでください。

③合格後を見据える

大学入試も高校入試も、通過点であり、ゴールではありません。むしろその先の人生(就職)の方がずっと長いわけです。

自分はどんな大学生活や高校生活を送りたいのか。また高校受験であれば入学後どれくらいの立ち位置にいたいのかなどを今から少しだけでも考えておくことは必要です。

またそれを考えていくことが受験のモチベーションにつながるということはよくある話です。

受験勉強に疲れた休憩などの隙間時間に冷静に考えてみると良いですよ。

 

入試に向けて、今も刻一刻とカウントダウンは進んでいます。

大事なことは1日をむだにしないこと。後悔しない自分でいることだと思っています。

1人ひとりが受験までの残り日数を充実した毎日として過ごせるよう、全力でバックアップさせていただきます!(^^)!

板橋 佳佑

板橋 佳佑

プロフィール詳細を見る
  • 学 歴

    本巣松陽高校・名古屋市立大学

  • 部活動

    野球(中学・高校・大学)

入塾までの流れ

指導力に自信があるから「1カ月全額返金保証」を導入しております。まずはお気軽にお問い合わせの上、GKの進学塾をご体感ください。

お問い合わせフォームへ