GKの進学塾

GKの進学塾 TOP  >  ブログ  >  岐阜県公立高校入試はトイレで決まる

ブログ

最新記事

2018/02/24

町頭 大貴

岐阜県公立高校入試はトイレで決まる

岐阜県公立高校入試まであと残すところ12日となりました。

きっと受験を控えたほとんどの子は不安でいっぱいだと思います。

また、もうここまで来たらできることなんて何もない。やっても変わらない。

そう考える人もいるかもしれませんが、

本当は、ここからの過ごし方、何をするかの判断が受験結果に大きな影響を与えます。

GKの進学塾では、この時期に大切にしていることが明確にあります。

それは、本番で力を100%発揮できるようにするということです。

ありきたりな言葉ではありますが、できることを細かくやっています。

例えば、本日は岐阜県公立高校入試プレテストを行いました。

時間割、服装、座席など、全てを当日と同じ形にして、

本番の雰囲気を感じてもらいました。

そして、生徒たちに本番の空気を体感してもらった後に僕たちが伝えたことは、

休憩時間の過ごし方。

2時間目の数学が終わってから、3時間目の英語までにトイレでやるべきこと。

問題が配られてからの気持ちの整え方。

などなど、

どれもとても細かい話です。

ですが、どれもとても大切な話であり、他の塾では教えてくれない話です。

例えば、

2時間目の数学が終わってから、3時間目の英語までにトイレでやるべきこと。

これは、鏡を見るということです。

1時間目の国語は、平均点が高い傾向にあり、少し解けない問題があるだけで皆に置いていかれた気持ちになります。

2時間目の数学は、平均点が低い傾向にあり、例年難易度も高い為、なかなか解けません。結果、焦ります。

この後に来るのが英語です。

焦ったままの気持ち、落ち込んだ気持ちで受けるとどうなるでしょうか。

長文の内容が全く頭に入ってきません。

結果、受験に失敗します。

なので、2時間目と3時間目の間にトイレに行って鏡をみる。

そして、そこで客観的に自分を見て、気持ちを落ち着かせてから、英語に臨む。

これはとても簡単にできる、とても大切なことなのです。

あと残り12日。できることは全てやって、試験に挑もう。

やったことは裏切らない。

入塾までの流れ

指導力に自信があるから「1カ月全額返金保証」を導入しております。まずはお気軽にお問い合わせの上、GKの進学塾をご体感ください。

お問い合わせフォームへ